公開履歴
緑のカプセルと瓶

世界の人々から愛されるバイアグラ、EDの改善に大きな力を発揮してくれます。
その一方で、服用者の9割以上と大きな確率で起こるのが副作用です。
副作用が起こると言われると心配なのがその薬の安全性、バイアグラとはどんな薬なのでしょうか。
本当に使用しても大丈夫なのでしょうか。
具体的な副作用についても見ていきながら、有名なED治療薬・バイアグラについてもう少し勉強してみましょう。

特徴を知ることができればどのような使い方をすれば良いのかも分かります。
意外と高くて家計を脅かす存在ともなりそうですが、通販サイトなら安く買うことができます。
通販で入手すれば効果効能はまったく同じで、お値段だけは半額以下になります。
バイアグラを安全に購入する方法も紹介されているので、購入手順をしっかりと理解しておきましょう。

バイアグラってそもそも安全なの?

バイアグラは世界で初めて作られたED治療薬です。
有効成分シルデナフィルについての研究開発が行われていたのは1990年代前半ですからかなりの歴史を持つ薬です。
大昔に使われ始めた薬の中には更に良いものが作られたため、取って代わったものも多くあります。
実は健康に良い効果をもたらすとは言えなかったことが分かり、販売中止となったものもあります。
そんな中でバイアグラは今も尚、使われており販売実績を伸ばしています。

日本でもレビトラ・シアリスと第2第3のED治療薬が生まれてこちらも販売実績は伸ばしているものの、バイアグラの売上が低下してしまっているわけでもありません。
安心して使用してみてください。
安全安心な商品だからこそ初めてのED治療薬として病院で処方されることも多く、そういった意味でも販売実績に大きく貢献しているのです。

そんなバイアグラも、一時期は日本で危険視されていた時期がありました。
アメリカで登場して爆発的なヒットとなったこの薬、手にしたいと考える日本人は多かったのですが用法用量について詳しくないままに服用してしまったのです。
バイアグラには併用禁忌の薬というのがあります。
血圧を下げる作用があるため、同じく血圧を下げてしまう硝酸剤と一緒に服用すると血圧が下がりすぎてしまいます。
その結果、硝酸剤の入っているニトログリセリンなど狭心症治療薬を服用している男性が、服上死してしまいました。
このような事件は何件も起こり、バイアグラは危険という意識が高まっていったのです。

ですが、正しく使用すれば死に至るような危険性はなく安心安全で男性にとって良い効果をもたらしてくれます。
日本政府はこれ以上痛ましい事故を増やさないためにも正しく服用して欲しい、と急いで認可薬にしたのです。
他国の薬が承認されるまでにかかる速さは通常だと10年以上、それが翌年には認可されているのですから異例のスピードです。
バイアグラが日本で初めてのED治療薬となった背景にはこのような事情が隠されているのです。

確かにバイアグラの服用者のほとんどは副作用に悩まされます。
ですが、その症状は日本の政府も大丈夫と認めている範囲内で起こることが大半です。
それに、薬の効果が薄れていくと共に症状も収まっていき後遺症が残るような心配もありません。
頭痛などの副作用が起こるのであれば頭痛薬も処方してもらえますし、ほてりなどはそれほど気にする必要はないでしょう。

それよりも大切なのは、問診票をきちんと記入して硝酸剤が必要となるような病気にかかっていないかどうかを医師にちゃんと知っておいてもらうことや、用法用量を正しく守ることです。

硬く反りかえった陰茎は男性としての自信の表れと言われますが、それを保とうとしてバイアグラを大量摂取しても相乗効果があるどころか副作用が強く出るだけです。

バイアグラの効果を知ろう

バイアグラの有効成分はシルデナフィルです。
シルデナフィルについての研究が進められたのは1990年代前半、イギリスにあったファイザー社の研究機関にて行われたのですが、元々は狭心症治療薬を開発しようとしていたのです。
シルデナフィルには血管を拡張する作用があり、それが狭心症の症状に良い効果をもたらすのではとされました。
ただ、被験者に勃起を促進するという作用をもたらしてくれたことが分かったことから、EDの治療薬として研究が進められるようになり、1998年の春にバイアグラとしてアメリカで登場し、ヒットとなったのです。

まるで風船に空気が入ってパンパンになるかのように、陰茎は血液が流れ込むことで硬く大きく太く変化します。
血管が拡張されて血液が流れ込みやすくなると効果があるのはそのためです。
服用することでいつも以上に大きく硬くなった姿に自信を取り戻すことが出来たのではないでしょうか。

それと共にバイアグラがおすすめなのがPDE5阻害薬としての効能です。
男性は性的興奮を覚えることで、陰茎の中の海綿体に血液が集まり勃起します。
それを手助けするのが、環状グアノシンーリン酸というもの、男性器を刺激することで形成されて、海綿体筋肉を弛緩させる効果を持つのです。
筋肉が弛緩すると血液は流れ込みやすくなります。

ですが、男性の勃起状態はずっと続くわけではなくいつかは元に戻ります。
それを手助けするのが5-ホスホジエステラーゼ・PDE5という酵素です。
これが働くと環状グアノシンーリン酸は分解されてしまうのです。
一生勃起状態でいるわけには行きませんから、この酵素は男性にとって必要なものです。
ただし、ED・勃起不全の方の場合にはこちらの酵素が働きすぎたり早すぎたりしているのです。
そのため、十分に硬くならないままだったり最初は良くても途中で萎えてしまったり、満足のいく性行為が出来ないままに終わってしまうということです。

それだと自身も満足できませんし、パートナーを満足させることができません。
そこで活躍するのがバイアグラのシルデナフィルです。
5-ホスホジエステラーゼの働きを妨害する効果があり、効果が持続している間は環状グアノシンーリン酸が分解されてしまう心配はありません。
本来の働きを続けることができ、正常な勃起が出来ると言うわけです。

このPDE5阻害薬としての仕組みは、レビトラ・シアリスという他のED治療薬についても同じです。
こちらも血管拡張作用があります。
副作用が起こるのは血管拡張作用が全身に広がってさまざまな部分で充血が起こっているからです。
ほてりや動悸・頭痛など起こっている間は陰茎の血管もしっかり広がっていることを感じてください。
ほてりや動悸を少しでも抑えたいというなら、第3の薬シアリスであれば副作用の症状は3割程度の方にしか現れないので、こちらに移行すればよいでしょう。

いつどんな場面でどう使用すれば良い?

いろいろな方が使用しているバイアグラですが、だからといってとにかく服用すればずっと勃起状態が続くというわけではありません。
使用方法を守らないと、まったく意味のないものになります。

服用後、シルデナフィルが体内に溶け出していき効果を発揮するまでには30分から1時間の時が必要です。
そのため、性行為の1時間前を目安に服用しておいて下さい。
1時間前ではなく直前に服用したとしても、結局身体に何も変化がないままに本番が始まってしまい、自信を無くすことになるだけです。
とにかく早めに服用しておけば安心なのではと思うかもしれませんが、バイアグラの持続時間はだいたい5時間程度、すでに性行為の前までにPDE5阻害や血管拡張の効果が終わってしまっている危険性もあります。
性行為1時間前というのは守ってください。

ちなみに、30分から1時間と開きがあるのは、あなたの空腹状態が影響します。
食後の服用が義務付けられることの多い一般的な薬と違って、ED治療薬は胃の中が空っぽの方が効果が発揮されやすいのです。
特にバイアグラは影響を受けやすいので気をつけてください。
もしもどうしても食事を取らなければならないのであれば、とにかくあっさりしたものを腹7分程度、できれば食後2時間後や空腹状態を狙って服用しましょう。

性行為の1時間も前となると予測が難しいというなら、第2の治療薬レビトラの出番です。
こちらは空腹状態であれば15分から20分程度で作用するのです。
しかしながらこちらも5時間程度で効果は消えていきます。
バイアグラとレビトラ、どちらも車で例えるとスポーツカーのようなもの、ガツンと短時間で効果が出てあっという間に去っていくので、服用のタイミングにはくれぐれも注意してください。

一方、週末にお泊りするときや旅行にパートナーと行くとなると、たった5時間のこれらの薬は便利が悪いです。
そんな時には長距離バスタイプのシアリスがおすすめです。
こちらは最長36時間もの間持続する薬です。
その代わり、性行為を考える時間の3時間は前に服用しておかなければならないので注意しましょう。

このような違いをもたらすのがそれぞれの有効成分です。
レビトラの有効成分のパルデナフィルは水にサッと溶けやすく吸収されやすい性質を持つことから即効性をウリとしているのです。
一方のシアリスの有効成分タダラフィルはゆっくりと溶け出していきます。
性質を知っておけば性生活に応じて使い分けが可能です。

バイアグラが一番良いED治療薬と言うのではなく、レビトラ・シアリスと共に場面に合わせてその力を発揮するようにしましょう。
効果が高くて、それなりに早い効果が得られるバイアグラ、初めてED治療薬を使用する時におすすめです。
いろいろな人が使ってきた実績があるからこそ、安心を持って使うことができるはずです。

通販でバイアグラを購入するのが主流

最近では、通販サイトを利用してバイアグラを購入するのが主流となっています。
EDの症状というのはたとえお医者さんでも知られたくないもの、自身の性生活についても話したくはありません。
通販なら24時間365日いつでも注文できるので忙しい現代人にピッタリです。
しかも、自宅に届けられるのでそういった病院に通っていることを人に知られることもなくプライバシーも守られるのです。

日本国内では処方箋なしでは手に入らない薬のため、薬局やドラッグストアには置いていません。
アマゾンや楽天といった普通の通販サイトでは取り扱いされていませんが、海外からの個人輸入であれば可能なのです。
輸入というと大変そうですが、個人輸入を代行する業者というのがあり、海外の人とのやり取りも行ってくれます。
そのため、普通にネットショッピングするのと同じ感覚で手に入ります。

せっかく個人輸入を使用するのであれば、おすすめはジェネリック医薬品です。
バイアグラよりもずっと安いお値段で手に入るのです。
有効成分はシルデナフィルですから効果効能は同じです。
後発薬であるジェネリックは、研究開発費や広告宣伝費が抑えられるために安価に売ることができるのであり、品質に影響することはないため安心してください。
バイアグラ1錠は1000円以上ですが、有名なジェネリック医薬品カマグラゴールドなどは半額以下で手に入ります。

日本で承認された経緯には、アメリカで人気となった薬を試してみたいと個人輸入で手に入れた日本人が、併用禁忌薬があるのも知らずに誤った使い方をして命を落としたからです。
病院で処方してもらう場合には、問診票をきちんと書いてさえいれば硝酸剤との併用といった危険なことはありません。
用法用量についても詳しく教えてもらえるでしょうし、そのお薬も正規の品です。
個人輸入だと輸入した薬の使い方については自身で調べなければなりません。
海外の品ですから取扱説明書も外国語、特にインドの言葉などまったく分からないでしょう。
ですが自身の身体を守るためにもきちんと調べてください。
場合によっては命を落とす事だってあるのです。

とはいえ、カマグラゴールドも使い方としてはほぼバイアグラと同じです。
ただし錠剤しかないバイアグラと違って発泡剤やゼリータイプ・チュアブルタイプと剤形がさまざまあるのが特徴で、剤形によって吸収スピードは違ってくることもあります。

個人輸入が恐ろしいのは、正規の品を手に入れられない危険性が高いこと、インターネットだと実店舗が必要ない分悪徳業者が横行しています。
バイアグラやそのジェネリックとして売られているものの半分以上は偽薬や劣悪な環境で作られた粗悪品です。
それをつかまされないためにも個人輸入代行業者は信頼性で選ぶべきです。

副作用が多いとはいえ、症状はひどくなく多くの方が愛用しているバイアグラは、通販は危険とはいえ多くの方が利用して購入しています。
必要以上におびえることなく、とはいえ油断もせずにきちんと使えば良い効果が得られます。